千島学説研究会ヘッダー
〜千島学説研究会:見直されてきた千島学説・東洋医学を研究する〜
千島学説研究会

WWW を検索 千島学説内を検索

千島学説研究会に関する注意事項
HOME 千島学説とは 千島学説の治療法 ガン・難病の方へ 医療関係の方へ 千島学説セミナー
関連出版物

よみがえる千島学説
故、忰山紀一氏の書物
千島学説が非常にわかりやすく解説されています。
千島学説にご興味を持たれた方は、ぜひお買い求めください。

よみがえる千島学説:本
詳細を見る

血液と健康の知恵
故、千島喜久男先生の書物 千島学説が伝えたかったことが書かれてきています。
学会でつぶされてきた東洋医学の考え方をお読みください。

血液と健康の知恵:本
詳細を見る

千島学説とは

故・千島喜久男博士

千島学説とは、生物学者 千島喜久男博士が、
1963年から提唱した学説です。

千島学説の特徴として、現代医学の常識とは全く異なる
学説であります。

そのため、千島喜久男博士の考え方を容認すると、
現代医学が成り立たなくなってしまうため、
学会からは黙殺・敬遠・タブーとされてきました。

 

千島学説の考え方の一例

・血液は小腸の絨毛で造られる説。
(現代医学では、血液は骨髄から造られるという考え)

・細胞は、赤血球が変化したものという説
(現代医学では、細胞は同じ細胞からできるという考え)

・輸血は危ない
(輸血の恐ろしさは、医者が一番良く知っている。どんなに適合性を調べて輸血しても、死亡率50%の溶血反応が起こる可能性がある。また、輸血にまつわる感染もなくなる。)

・骨髄移植は危ない
(移植の際、患者はさまざまな危険な処置をされる。また、移植後、他の病状が出たり再発したりしている。)

・ガンは摘出するべきではない
(ガン細胞は赤血球からできている。摘出しても根本を解決しないと転移する。)

などです。

 

千島学説は当時も、2011年の今でも、現代医学からは受け入れられておりません。
しかし、東洋医学を学ぶ人間から少しずつ支持されてきています。

なぜ東洋医学を学ぶ人間が支持するのでしょうか?
それは、千島学説の理論が実際の治療とずばり一致しているからです。

 

千島学説の8原理

千島学説は、生命・医学の革新的8大原理を基礎として成り立っています。
この原理のすべてが、現代医学で教えていることと違っています。

千島学説の8つの原理

第1原理‥赤血球分化説
第2原理‥赤血球と各種細胞や組織との間の可逆的分化説
第3原理‥バクテリア(細菌)やウイルスの自然発生説
第4原理‥細胞新生説
第5原理‥腸造血説
第6原理‥遺伝学の盲点
第7原理‥進化論の盲点
第8原理‥科学研究の方法論としての心身一如の生命弁証法

もっと詳しく知りたい方はこちら

千島喜久男博士 プロフィール

1899年 誕生 明治32年、10月10日岐阜県上宝村生まれ
1921年 22歳 国立盛岡高等農林学校獣医科卒。陸軍獣医少尉に任官。
後に依願休職。
1940年 41歳 藤枝農学校、熊谷農学校、群馬県勢多農林校の
教諭を歴任。九州帝大嘱託となる。
1944年 45歳 満州国立奉天農大教授、満州医大講師に就任
1946年 47歳 抑留解除により家族と共に内地へ引き揚げ。
1948年 49歳 岐阜高等農林専門学校講師となる。
1953年 54歳 岐阜大学農学部教授になる。
1963年 64歳 岐阜大学を定年退官。『千島学説』を世界に提唱。
1964年 65歳 『新生命医学会』設立。「生命と気血」を発行。
1973年 74歳 「千島・革新の生命医学全集」全10巻を刊行。
1978年 79歳 10月23日 十二指腸尖孔による腹腔出血で死去。
同日付けで正五位勲三等瑞宝章を授与される。

千島学説の治療法はこちら

千島学説研究会セミナー動画公開中千島学説研究会 限定公開セミナー動画千島学説研究会コラム千島学説研究会ロゴ
千島学説研究会事務局
千島学説研究会 役員
千島学説研究会 会則

よくある質問
千島学説関連書物
病氣相談に応じます
治療院紹介
研究会員の皆様へ
普及にあたりまして
関連リンク
千島学説 wiki
千島学説のwikiです。
千島学説研究会ロゴ

HOME
| 千島学説とは | 千島学説の治療法 | ガン・難病の方へ医療関係の方へ千島学説セミナー


  千島学説研究会 Copyright(c) 2010 chishima-gakusetu. All rights reserved.